指導者紹介

♪音楽監督・歌唱指導♪
 関谷秀明(せきやひであき)
  宇都宮大学教育学部音楽科卒業。合唱指揮を田中信昭氏に師事。在学中より宇都宮大学混声合唱団を
指揮。卒業後も同合唱団を始め宇都宮児童合唱団、黒羽町やまゆりコーラス等、多くの合唱団の創設、
指導に関わっている。ソウル日本人学校長としての出張を終え、2010年3月に帰国。当合唱団の指導を
開始。

♪歌唱指導♪
 茂木信義(もてぎのぶよし) 
  宇都宮大学教育学部音楽科卒業。声楽を鷲崎良三、指揮を櫻井将喜、秋山和慶に師事。栃木県民オペラで『蝶々夫人』ゴロー、
  『フィガロの結婚』バジリオ、『ラ・ポエーム』ベノア、『ヘンゼルとグレーテル』魔女などに出演。混声合唱団『コール・エッコ』の
  指揮者を長年務めた。元栃木県立栃木女子高等学校コーラス部・オーケストラ部の指揮者。

♪パート指導♪
 茂木美樹(もてぎみき)
  栃木女子高校卒業。上智大学文学部を経て東京藝術大学音楽学部声楽科卒。同大学大学院修了。二期会オペラ研修所プロフェッショナル
  コース第7期修了。大学院修了後、イタリア・ミラノへ留学しイタリアオペラを中心に研鑽を積む。大学院在学中、文化庁新人育成公演
  「魔笛」にて主役のパミーナに抜擢され、正式にオペラデビュー。
  フォーレ「レクイエム」、プーランク「グローリア」、モーツァルト「戴冠ミサ」、ベートーヴェン第九等でもソリストを務める。
  第38回イタリア声楽コンソルソ入選。ローマ音楽祭国際オペラコンクール部門最高位。ディヒラーコンクール(オーストリア)第3位(声楽
  部門最高位)受賞。第17回コンセールマロニエ21入選。県内および東京を中心に演奏活動をするほか、東京藝大と足利市連携の市民オペラ
  に指導スタッフとして加わるなど、後進の指導にもあたっている。二期会会員。

♪パート指導♪
 島田瑛子(しまだえいこ)
  佐野女子高等学校卒業。東京音楽大学声楽科声楽演奏家コース卒業後、卒業演奏会に出演。同大学院音楽研究科声楽専攻独唱研究領域修了。
  大学院修了後、イタリア、フェレンツェにて声楽を学ぶ。大学在学中は、学内オペラ「フィガロの結婚」「愛の妙薬」「秘密の結婚」
  「夕鶴」などに出演。2006年3月イタリアのボローニャ、サン・ロッコにてコンサートに出演。
  2009年東京音大シンフォニックオーケストラと共にヨーロッパ演奏旅行に参加。その他、第8回、第10回佐野新人演奏会、第1回、第2回
  東京音大栃木県支部演奏会、佐野の風コンサート、両毛チェントロリリコ主催オペレッタ「天国と地獄」にユリディース役にて出演。
  日本イタリア協会主催第4回「コンコルソMusicArte」グランフィナーレに出場。現在は演奏活動をするほか、市内学校の合唱指導、
  県立高校非常勤講師として後進の指導にも携わっている。

♪ピアニスト♪
 荒居ひろ子(あらいひろこ)  
  国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。ピアノを柳川守氏に師事。佐野市在住。佐野市民合唱団発足当初から全ての第九演奏会で練習ピアノ
  を担当したほか、ほとんど全ての定期演奏会にピアニスト・オルガニストとして参加している。育成館幼稚園副園長。